スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二次春川大事変。

今日こそは絶対書き終わる!いい加減!!

もはや時間が開きすぎて、今更……?な感じすら出てますけど、
必ずご報告します!って書いたことだし、記録しておきたいし、
そもそも私、あの日を振り返って初心に返った方が良さげだし、
とりあえず、書きます。

ラインでのやりとりそのままをベースに、
その時の私の心境を挟んでいく感じでいきますー。

なんというか、今読み返しても、まだわからない事もあるし、
たぶんコレは蒸し返すことなくずっと謎で終わると思うので、
下手に私が推測して色々書くより、
そのままを書いて、そのままを読んでもらった方が、多分ちゃんと伝わると思う。

というわけで、あれだけモヤモヤと大騒ぎしていた所から一転して、
急遽付き合うことになった第二次大事変。

もう1ヶ月以上前の話になりますが、
「結局なんだったんだ?」の真相に興味がある方のみ追記からどうぞw

 
↑あっという間に過ぎたけど、すっごい昔みたいに感じる。。。

さてさて。
第一次春川大事変が起きてから数日。

私はずっとモヤモヤしていました。
戸惑いというか、ショックというか、どういうつもりなんだろう?って。
春川くんの本心は、春川くんにしかわからないので、
多分、その飲みの日までにきちんと話をしなきゃな、とは思ってたんですけど、
案外その機会は早く来ました。
というか、私が耐えられなかったwww

お盆休みが明けて、仕事が始まった8/20(水)、私と春川くんの運命の日です。
浜松デート以降、ラインのやりとりの頻度は高いままでした。
・・・って言っても当時はデートからまだ1週間程度ですけどね^^;

春「お疲れ。今週のやる気の出ない加減が半端ないんだけど」
ユ「同じく。むしろ暇すぎ…」
春「何してても面倒くさく感じて……。かなり重症な予感」
ユ「どうしたの?w何か嫌な事あった?」
春「特に無いけど、テンションの起伏が今まで以上に激しい。自分でもよくわかんない」
ユ「原因不明じゃ対策の取りようが無いじゃん」
春「うん。あー癒しが欲しいわ」
ユ「よし。わかった。私がヨシヨシしてあげるw」

その日は珍しく春川くんがネガティブで、
普段あまり愚痴とか弱音とか言わないんですけど、なんかスッキリしなくて。
今までのラインやメールで割と大胆な事を言いあってたので、
私も何の抵抗も無くヨシヨシしてあげる!って入れたんですけど、
少なくとも、飲みが決まる前は「じゃあお願いw」で終わる範囲の冗談でした。
でも、そこからの会話の流れが、なんか今までとは違って。。。

春「ヨシヨシは飲みの時にしてもらう」
ユ「まだ1ヶ月先ですけどwwwホントにやるのかwww」
春「でも俺酔ってる時にそんな事されたらキュン死しちゃう」
ユ「そんな事で死ぬわけあるかーい!」
春「もしくは暴走しちゃうかも」
ユ「暴走ってw」

当時の春川くんは、ストレートに下ネタを振ってくることはほぼ無かったです。
この日の飲み会で初めて言われたくらいで、その時も新鮮だったし。
でも、この日は割とぐいっと来たのです。

春「ユイハラさんの暴走ダメラインてどこまで?」
ユ「暴走ダメラインて何?www」
春「ちゃんと聞いておかないと、暴走して歯止めがきかなくなっても困るでしょ」
ユ「春川くんでもそんなことあるの?^^」
春「もちろんあるでしょ。特に酔ってたら…。ユイハラさんは制御できるタイプなの?」
ユ「どうだろう?そうなってみないとなんとも・・・」
春「俺は酔うと年に数回ペースで人肌恋しくなる時がある」
ユ「年に数回……(苦笑)妙にリアルw」
春「タイミング良く、飲みの時に年に数回のスイッチが入るかもw」

私の中で、ずっとモヤモヤしていた部分に、
春川くんのこの発言は結構グサッと刺さりました。

あーやっぱり、春川くんはそのつもりだよね。
しかも、私との関係を変えるつもりはもちろんなくて、
ただ単に、私なら簡単にそういう事できそうだから迫ってきてるだけだよね。
やっぱり私、そういう軽い簡単な存在だとしか認識されてないんだね。。。

・・・というネガティブの波がドカーーーーーッときて、
ラインの返事にも困るレベルで、落ち込み加減は最低ランクまで撃沈でした。

ユ「(´-ω-`)」
春「冗談だよ。むしろそんな感じになったらユイハラさん引くでしょ?」
ユ「引くっていうか、それ自体がどうこうじゃなくてさ…(;_;)」
春「ごめんよ(汗)安心安全な飲みだから嫌にならないで・・・」
ユ「ちーがーうー(T_T)安心安全って!(´;ω;`)」
春「俺からそういう発言を聞きたく無かった?ゴメン、わからないんだけど、どういうこと?」

思っていたより早く機会が来たけど、ここはちゃんと向き合って話をする時だなと思って、
私なりに、春川くんの本心を聞き出そうと思いました。
春川くんがどういうつもりで今こんな話をしてるのかも知りたかったし。

ユ「私、誰とでも軽々しく泊まりで飲みに行ったりしないよ」
春「もしや俺が誰とでもこんな感じだって勘違いされちゃった?」

私の言いたいことが、うまく伝わらなくて、もどかしくて。
返事を何て書けばいいのかわかんなくて。
私がちっとも返さないので、春川くんからまたラインがきました。

春「なんか、嫌な思いをさせちゃってるみたいで申し訳ないんだけど」
ユ「ズバッと聞いて良いですか?」
春「はい」
ユ「春川くんは、どういうつもりで私と泊まりで飲みに行くの?」
春「それは、二人で飲みたいってずっと思ってて、時間気にせず飲めるなら泊りの方が良いかなと」
ユ「で、あわよくば・・・だった?」

私なりに、最大限切り込んだつもりです。
そもそも、どういうつもりで飲みに行くのか?に杓子定規な答えしかくれないので、
もう、ここまで来たら、全部スッキリしちゃえと思って。
で、まんまと返り討ちにあった(?)、とその時は思ったわけなんですけど。

春「それは考えてないよ。だってそんな考えならわざわざ飲みに行きたくないでしょ?
  勘違いするような発言しちゃってごめん。。。」

このラインを読んで、あぁ、私もうダメだって思いました。
春川くんは結局、私と真っ直ぐ向き合う気は無くて、
お手軽にそういう事ができるなら手出しちゃえって思ってるだけで、
私が改まって引っかかったら、そんな気全然無かったスタンスに変えるのかと。

というか、そもそも、そんな気が一切ないのに、
泊まりで飲みに誘って、同じ部屋で、
しかもダブルベッド(+ロフトw)がまかり通る感覚を持ってる人なのかと。

最初にバキッと折れた心を、更に粉々に打ち砕かれた感覚で、
あぁ、もうこの先春川くんと関わってもダメだ、ここで終わりだって思いました。
表面張力すれすれの所でモヤモヤしてたものが、
一気に崩れて、今まで大事にしてたものも全部無くなっちゃったような感じでした。

なので、言うだけ言って終わりにしようと思って。
結局、飲みに行くのを断るにしても、今後ラインでやりとりするのをやめるにしても、
それなりの理由は必要なので、もう色々考えずにそのまま言えばいいやと。

ユ「私は、部屋が同じってそういう事なのかなって思ってた。
  でも私が先走って勘違いしちゃってただけなんだね。」
春「ユイハラさんはそこまで覚悟してたの?
  俺が誤解させるような事言ったせいでごめんね」
ユ「同じ部屋っていわれれば、そりゃーするでしょ。
  謝らないで良いよ。ごめんね、私も先走り過ぎた。
  でも、飲みに行くのは考えさせて貰っていいかな。アタマ整理するー」

考えさせて、とは言ったけど、この時点では断るつもりでした。
幸いまだ日程が先過ぎてキャンセルチャージとかも発生しないし、
今「行くのやめる」って言っても冷静な問答ができる気がしなかったので、
とりあえず一旦引いて、ほとぼりが冷めてからちゃんと断ろうと思ってました。
私が断る気でいることを、春川くんも、察知したんだと思います。
わかりにくいけど、ひきとめにかかってきました。

春「これは後付けとかじゃなくて、あと1ヶ月の間にラインしたり遊んだりして、
  飲んでる時も色々話したら、ユイハラさんをもっと知りたいってなる可能性はあると思う」
ユ「無理して私に合わせなくて大丈夫だよ。私も悪かったから。
  例えば飲みが流れたとしても、今まで通り仕事仲間として楽しくやろうね!
  私、仕事してる春川くん見てるの好きだよ^^」
春「無理して合わせてるとかじゃないから。
  ユイハラさんと一緒にいるの楽しいし、だから浜松にも誘ったんだよ。
  同じ部屋でそういう事が無いとしても、飲みに行くのは嫌?」
ユ「この先の女の子の為にアドバイスしてあげます。
  その気も無いのに、同じ部屋はダメです。
  今は、私には無理かな。ごめんね。
  気持ち整理して、時間開けて、それでも飲むなら、別の部屋取って飲もー^^」

言いたいこと言ったらスッキリして、
もう、今までの事はもういいやって気になりました。
今日から、本当にただの同僚として、
お互いに持ちつ持たれつで仕事やりやすい仲間になればいいやって。
モヤモヤの事も、もう全部水に流そうって思えたんですよね。

でも、なんか、妙に支離滅裂なラインが来て。

春「本当のことを言うと、逆にそういうことになった方が、
  ユイハラさんと仕事で顔合わせるときに気まずいかなって思ってた・・・
  だから強がって発言してた部分もある(>_<)
  いずれにしてもユイハラさんはもうそういう考えどころじゃないと思うから。
  すべては俺の強がりが原因です(T_T)
  ・・・て今更そんなことを言っても更に不信感を与えるだけだよね(´Д`;)」

春川くんが一度のラインの吹き出しにこれだけの長文を入れてくることは珍しいし、
文章がちょっと意味不明なのもあまり無いです。
だから、こんなラインが来た事にちょっとびっくりして、
そして、あぁコレもしかして結構焦ってるのかなって。
私は春川くんの言葉のままを鵜呑みにしたけど、
もしかしたら、今このラインの文章ですら、
春川くんの本心て別の所にあるんじゃないかなって気がしてきたんです。

ユ「・・・・・今、困ってる?(笑)」
春「・・・・・はい(T_T)」
ユ「珍しいね^^;」
春「焦るでしょ、この状況は」
ユ「強がり発言の意味がいまいちよくわかんないんだけど」
春「本当は、あわよくばって思ってたのに、
  本当の事を言ったら嫌がられると思って全然そんな気無いって言っちゃったから。
  それを今更こんな風に言っても、不信感が増えるだけだろうと」

第一次春川大事変の時に、
春川くんも慣れないことして無理してるのかも?
・・・ってコメントを頂いてたんですけど、
この時、あぁ、そういう事なのかなって妙に腑に落ちました。

春川くんとしても、どういうスタンスで私に接すれば良いかわからなくて、
気まずくならない道を選んでみたけど、そのせいで話がこじれて。
春川くんが、焦って変なラインを入れてくればくるほど、
逆に私は、今回の事が春川くんにとってもすごく大きな事なんだって認識できて、
なんというか、「しょうがないなー」って気持ちになっていきました。

ここで私が見切りをつけたら、全部終わります。
それはいつでもできるから、シャットアウトする前にもう一度、
春川くんの気持ちを確認する布石を打ってみようかと。

ユ「私もぶっちゃけていいですか?」
春「はい」

ユ「もし今日こういう話しなくて、なぁなぁなまま泊まりに行ってたとしたら、
  私が好きならいいやって流されてたと思うけど、
  この話しちゃった以上は、春川くんにも気持ちが無いと、
  もうそういうことさせてあげないからね」

あまり深く考えて入れた言葉じゃなかったけど、
私なりに最大限譲歩したというか、
もしこれで、春川くんの反応がイマイチだったら、
今度こそ本当に終わりにしなきゃなと思っていました。
春川くんへの気持ちごと、諦める時が来たのもかもしれないな、と。

今、改めて読み返すと、受け取り方によっては、
交際を迫ったように聞こえなくもないです(苦笑)
でも本当にその時はそんなつもりはなくて、
フラれたような気持ちの方が強かったんで、
気持ちが無いのにそういう事はしない。
イコール、春川くんには今気持ちは無いんだから、そういう事はしない。
イコール、今回の泊まりは延期の方向で。
・・・・・って、意味で書いてたような気がします、当時。

でも、春川くんの反応は予想外でした。

春「なんか照れる(*´ω`*)」
ユ「え、なんでΣ(゜Д゜)」
春「お泊まり中止かと思ったのに、急にこんな展開になるから」
ユ「や、まだわかんないから(・Д・)」
春「え!?確定じゃないの?」
ユ「違うでしょ(`Α´)私のラインちゃんと読んでくれた?」

私が譲歩したら、お咎めなしで何も無かった事にできると思ってるのかって、
わかってくれないなぁ…って寂しくて、結構諦めモードに近かったんですけど
話にはまだ続きがありました。

春「俺に気持ちがあるかでしょ」
ユ「気持ちって、下心じゃないからね。念のため。」
春「わかってるよ」
ユ「・・・・・・・・・(゜_゜)」
春「俺だって、好きじゃ無きゃそんなことしないし」
ユ「だから、そうじゃなくて、そういうつもりが無いのに同じ部屋はダメだってば」

今、自分で読み返すとヤキモキしますw
諦めモードで春川くんの話をネガティブにしか聞かない私と、
照れ屋で言葉足らずで、しかも回りくどくてわかりにく春川くん^^;
堂々巡りの終焉は、しびれをきらした春川くんの言葉でした。

春「だから、俺もユイハラさんと同じ気持ちで、そういう事したいから照れてるんじゃん」

この文章を読んで初めて、春川くんが言おうとしてることってもしや・・・?と気づきました。
でも私、今までこういう状況になったことが無いので、
何て返せば良いのかもわかんないし、そもそもが信じがたいというか、
春川くんが本気でそう言ってるんだって実感も全く無かったです。
・・・ので、とりあえずスタンプだけ送ったwww
・・・・・ら、生まれて初めて、殿方に、というかあの春川くんに、こくはくされた!
ま、ラインでですけどねー。。。

ユ「・・・・・・・・・・Σ(゜Α゜;)」
春「付き合おうか(´ω`)」
ユ「・・・・・どこに?って聞いた方が良い?」
春「恥かしいんだからあんまりいじめないでよ」
ユ「本当?」
春「ユイハラさんが良ければ」
ユ「私のこと好きなの?」
春「好きだよ」
ユ「・・・・・・・・・・・・・・・・・(@Д@;)」

今までの流れと、今と、状況があまりにも変わりすぎて、
気持ちが全然付いてきて無かったので、
普通だったら聞きづらいこともズバズバ聞いてしまいました^^;

春「さっきのって付き合おう待ちじゃなかったの?^^;」
ユ「や、私ガッツリフラれた気だった。。。」
春「わかりづらくてごめんね」
ユ「ううん、ちゃんと言ってくれてありがとう」
春「じゃあOKって事で良い?」
ユ「うん。よろしくお願いします」

・・・・・というわけで、すったもんだの末に付き合う事になりました。

あの日から今まで終始一貫して思うんですけど、
春川くんは、そこまで気持ちが出来上がってなかったと思います。
気持ちが無かったわけじゃないだろうけど、
でも、付き合うとか、気持ちを言うとか、
そういう事の準備は整って無かったと思われます。

実際、あとから、
「なんか力技で落とした気がしなくもない」って言ったら、
「遅かれ早かれこうなってたと思う」って言ってたので、
私への気持ちが、春川くんの中で確立する前に、
私が我慢できなくなって爆発して、付き合う形を取らざるを得なかったんんじゃないかと。

でもまぁ、とりあえず、まずは形だけでも、
お付き合いが始まったのでした。


ふー。とりあえず一区切り!
他にも色々追記したいことがあるけど、まずは始まりのご報告だけでも!

こう書くと、第一次の時に続いて、第二次も大した話じゃないと思います。
でも私には、全てが新鮮というか、今までに経験したことの無い事だらけだったんで、
ものすごく大きな事件を経験したような、変な感覚ですw

その後、お付き合いの中で具体的な話を色々したので、
それもそのうちまとめます^^;

ともかく、まずはこの超大作を書き終わらない事には何もできないんでwww

ここまで読んで下さってありがとうございました。
はじまりは平凡ですが、私にとっては今は奇跡みたいな状況だと思います^^
その後の話はまた別記事にてーw
スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お疲れ様です^^

春川君、頑張ってくれてよかったですな(/・ω・)/

なんとなくわかる春川君の気持ち。
これは私も似たようなタイプだからなのかな(笑)

責任感あるタイプだと思うので、
細かいこと言われることもあるかもしれないけど、
きっとユイハラさんの人生背負ってくれる覚悟は
次第に出てくると思います。

繊細なのに調子にのるので、
ふて腐れることもあるでしょうけど(笑)
大切にしてくれていると感じる限り、大丈夫^^

守ってあげてください、春川君のこと。
抱え込んじゃうタイプだと思うから。

彼の気持ち、信頼してあげてください。
いつか別れる、捨てられるとか思っていたら、
それが態度にあらわれるもんです。
それでケンカになったらもったいない。

大丈夫。
なんとかなります^^

彼からのユイハラさんに対する試し行動が
目立つ時期だと思いますけど、
1つ1つ愛情で応えてあげてくださいませ。
…面倒かもしれないけど(笑)

言葉だけだと不安になるのは、
男も一緒です。

私もそうですが、恋愛楽しく頑張っていきましょ^^

…恋愛リバウンド、共感できました(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

とりあえず適当の人
初彼に舞い上がってていい感じw
遊ばれてる感がありありなんだけどw

ユイハラ、オンナになったらしいよw

>>>547
>よくあんな詳細に書けるねww
>舞い上がりすぎててキモおもしろい


ユイハラ、とむ3桁ランキング上位陣は、シモネタ多いね。



Re: No title

>非公開コメントさま(10/6 23:39)

コメントありがとうございます^^

あははw
やっぱり初々しいですよね(苦笑)
私も自分の事ながら、なんだコレ!wって思ってましたもん^^;
確かに、気持ちの振れ幅はすごく大きくなりましたねー。。。
良くも悪くも、今までには感じなかったような心境が多いので、
一つ一つを楽しんでいけたら良いなと思います^^

仲良しご夫婦、羨ましいです♪
何年経っても、そういう何気ないじゃれあいができる関係って素敵(>v<)!

すっかり放置気味になっていますが、
うまく時間を使えるようになって、もう少し更新頻度も戻したいと思っています。
これからも、よろしくお願いします!!^^

Re: No title

>旅人とむさま

ご無沙汰しちゃってます^^;
あれだけアドバイスして頂いてたのに、
ご報告が遅くなってしまってすみませんでした(T_T)

春川くん……そうですね^^;
頑張ってくれました(苦笑)
正直今でも、あまり実感がないというか、現実味は薄いんですけどね^^;

そして私の心情そのものズバリを言い当てられてビックリしましたw
付き合うことになってから今でもずっと、本当に私、
春川くんはそう遠くない未来、間違いなく私に飽きて……というか、
なんで私と付き合う事にしたのかわからなくなって、
必ず私から離れていく、必ず別れる事になるって思い続けてます。。。

一応私はその気持ちは伏せているつもりなので、
表立ってケンカになったことは今の所無いんですけど、
無意識レベルで態度に出ちゃってるのかなってドキッとしました。

この春川くんらしからぬ一連の行動は、試し行動なんですかね^^;
一応、ブログも放置しちゃうくらい春川くんが優先の状態なので、
ベストを尽くして応えているはずなんですけど……(苦笑)
でも、春川くんの気持ちもまだ実感できていない状態なので、
この先、試し行動が落ち着いて、付き合い始めの色ボケが治まって、
それでそうなっていくのかも検討事項ですね^^;

リバウンドは切実すぎます!
本当にもうデッドラインレベルです^^;

ダイエットも恋愛も、頑張りたいところですね♪
たぶんまたアドバイスを求めたり、ご相談させて頂いちゃうかもですけど、
どうぞこれからもよろしくお願いいたします(・v・)ノ

Re: こんにちは

>非公開コメントさま(10/7 23:53)

わー^^ご無沙汰しちゃってすみません!
そして再びのコメントをありがとうございます♪
しかもべた褒めしてもらいすぎて恐れ多いです!!(@Д@;)
そんな大層な物じゃないのに、すごくしっかり読んで頂けてありがたき幸せ(TvT)!

多分、春川くんの気持ちが固まる前に、
私が強引に進展を迫ったって所に若干の負い目があって、
正直まだ実感も薄いし、この先いつか終わりが来るんだろうな、って思うんです。
まぁネガティブの要員はそれだけではないので、
その辺も、随時書いていければと思います……^^;
でも今回、非公開コメントさまに、
春川くんも気持ちは芽生えてた、大丈夫!って言って頂けて、
結構本気で気持ちが楽になりました!


ダイエットの方は、なかなか元のペースに戻せなくて悪戦苦闘ちてます^^;
春川くんが何も言わないのを良い事にガンガンリバウンドしてる場合ではないので、
そのへんは早急にもう一度、ダイエットに本腰を入れた正確に戻したいとことですw
これ、詐欺!って言ってふられてもおかしくないので、
春川くんにひかれちゃう前に、なんとかしないとですね^^;

ではでは、コメントありがとうございました!
これからもよろしくお願いしますw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

>非公開コメントさま(2014-11-04)

せっかくコメントを頂いていたのに、
ずっとお返事もせずに放置してしまってすみません(>_<)
そして、ご心配をおかけしてしまって申し訳ありませんでした。

春川くんとはなんとか続いています^^;
なんだかんだで4ヶ月経ち、色々ありましたが、今の所は仲良くやってます(苦笑)

ダイエットは、正直ここの所一切手つかず状態で、
ぶくぶくとリバウンドしてしまいました。
このままでは以前の衝撃リバウンドの時のように元通りになってしまいかねないので、
もういい加減にダイエット生活に戻らなくてはと思っています。

新年のご挨拶も兼ねて、これからブログに近況報告を書こうと思いますので、
もしよろしければ読んでやってください^^

Re: No title

>非公開コメントさま(2014-12-22)

せっかくコメントを頂いていたのに、お返事が遅くなってしまってすみません(;Д;)

ユイハラ、元気です!春川くんも元気です!w
ラインは相変わらず毎日ですが、費やす時間は減ってきました(苦笑)

こんな自己満ブログなのに、更新を楽しみにして下さってるなんてありがとうございます(涙)
正直、包み隠さず赤裸々にブログを書く事が今は少し怖い気がして、
今後のブログの扱いをどうするのか迷っている自分もいるんですけど、
ブログを通して今までずっと気持ちを聞いてもらって、
アドバイスや励ましを頂いたお陰で今があると思っているので、
ブログを書く事・書かない事で後悔はしないようにしないと思います^^

ではでは、心配コメントを本当にありがとうございました(^v^)ノ
非公開コメント様も良い1年になりますように!
カテゴリ
自己紹介

ユイハラアカネ

Author:ユイハラアカネ
年齢:32才
血液型:O型
職業:地方OL
一言:やるときはやる。適当に。

参加中:
    
クリックして頂けると励みになります。

月別アーカイブ
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。